声優の専門学校で何を学ぶ?声の仕事の基本が学べる!

話し方での表現力を学ぶ

文章をただ棒読みするのと朗読するのとでは、聞き手にとっての印象は大きく異なります。棒読みだと伝わりにくいこともあります。朗読によって、その内容が楽しいことなのか、悲しいことなのかがわかる場合もあります。声優を養成する専門学校では、話し方での表現力を学ぶことが出来ます。俳優と違って、体で表現する必要はありません。言葉だけでいろいろな表現をする必要があります。学ぶときには、実際に体を使って表現することもあります。

発声練習などで安定した声を出す

自分自身が出す声はいつも同じに感じるかもしれません。でも、人からは今日は少しおかしい、かすれているように聞こえることもあります。普通の人ならそれでも問題ありませんが、声の仕事をするときには大問題です。いつもと同じ声が出せないと、その日の仕事ができないこともあります。声優の専門学校では、発声練習などを行います。日頃から同じ声を出す訓練をし、声が出せないときにも調整ができるようにしていきます。思い通りの声が出せる技術を身に着けます。

ナレーションの基礎的な方法

謝ろうとするときでも、謝り方によって相手に伝わらないことがあります。いかに相手に伝わるように表現するかは大事なことと言えるでしょう。声優は、アニメの役になりきるだけでなく、ナレーションの仕事をすることもあります。その他、広告などで表現をすることもあります。その時に、その内容に合わせた話し方が出来なければいけません。いろいろなケースに対応できるような表現方法を身に着けます。プロのナレーターなどを参考にしながら学ぶことが出来ます。

声優の専門学校とは、声優を目指す方が技術を学ぶための専門学校です。近年声優の人気はめざましく、声優に憧れる若者が増加していることから需要が高まっています。