過払い金がある場合の自己破産のポイント!借金がなくなることもあるの?

過払い金がある場合には必ず引き直し計算がされる

自己破産に限らず、債務整理をする時に過払い金があることが判明すると、必ず引き直し計算がされます。例えば、借金の金額が500万円で、過払い金が200万円ある場合なら、引き直し計算がされて、借金は300万円になります。自己破産などの債務整理をする前に、必ず過払い金の請求がされます。会社がすでに倒産している場合や10年の時効にかかっている場合には、過払い金があっても請求ができず、借金の金額が減りません。なるべく早い段階で弁護士などに相談をすることが大切です。

自己破産をしなくてすむケースもある

借金の金額が500万円で、過払い金が300万円あった場合なら、引き直し計算がされた結果、借金は200万円まで減額されます。例えば、年収が350万円という人なら、500万円の借金なら自己破産をしなければならないかもしれませんが、借金が200万円まで減額されれば、任意整理で解決ができる可能性も高いでしょう。過払い金がある場合には、先に過払い金の返還請求がされますので、その結果次第では、自己破産をしなくてすむケースもあります。

過払い金請求のデメリットは?

過払い金請求には、デメリットはいっさいありません。あえてデメリットをあげるなら、弁護士費用がかかるということくらいでしょう。過払い金を引き直し計算した結果、借金がゼロになった場合なら、ほとんどデメリットなしで借金問題を解決できます。借金が残ってしまって、自己破産をすることになった場合には、長い間ブラックリストにのってしまうというデメリットが生じます。自己破産に比べると任意整理のほうがデメリットが少ないので、なるべく早い段階で相談をして、任意整理で解決してしまうのがよいでしょう。

自己破産をするとその後の社会生活において、様々な制約を受ける事になります。借金が減ると言うメリットはありますがそれらの制約もしっかりと考えて破産をするか考えましょう。