大きな利益の可能性が!興味津々の、株の信用取引

株の信用取引ってなに?

株式をたくさん買えるのは、一部のお金持ちだけです。庶民にとっては株で大儲けなんて、夢のまた夢という感じですよね。けれども、株の信用取引を使う手もありますよ。株の信用取引とは、投資家が証券会社から株を借りて取引する仕組みです。自分が持っているお金が少なくても、信用取引を利用すると、3倍もの株式を取引できるのです。もちろん株を借りているのですから、貸株料や金利が発生します。けれども、絶対に上手くいくという確信があれば、利用したほうが得ですよ。

株価が上がっても下がっても儲けられる

通常の株式の取引では、株価が下がっているときに買って、株価が上がったときに売りますよね。ということは市場全体で、株価が下がっているときには、利益が得られません。ところが株の信用取引では、株価が下がっているときにでも、利益を得ることができるのですよ。まず、株価が高いときに、証券会社から株を借ります。それを売って、株価が下がるのを待って、買い戻すのです。その株を証券会社に返せば、差額が得られます。これなら、株価が上がっているときだけではなくて、下がっているときにも利益がえられるので、合理的ですね。

信用取引に向く証券会社を探す

証券会社を選ぶときには、手数料や総合評価などが気になりますよね。現金などがもらえる、限定キャンペーンも見逃せません。株の信用取引をしようと考えているのなら、それに加えて、貸株料やそれにかかる金利をチェックしましょう。株の信用取引は、通常では借りた株を6か月以内に返す義務があります。つまり6か月以内に、株価が思うような値動きをしなかったら、投資家は失敗してしまうということです。もしも予想が外れたら、株を返すのを待って欲しいですよね。でも中には、6か月以内に返す義務がない、無期限信用取引ができる証券会社もあります。そこのところも、チェックしましょう。

株の信用取引とは、株式の投資をするに当たって、証拠金を担保にして巨額の株式売買をする取引を言います。