デイトレーダーと相性バッチリ?信用取引の特徴とは

信用取引は金利がかかってくるので要注意!

株の現物取引では、手数料さえ支払っておけば、金利というものはかかってきませんよね。現物株なら、いくら長期でホールドをし続けても問題がないわけです。しかし、信用買いや信用売りの場合は別です。信用取引は簡単に言えば、証券会社に借金をして株取引をすることになるわけですから、売買手数料の他に金利がかかってくるのです。買い方金利も売り方金利も両方かかってくるので、どちらにしてもあまり長期のホールドはできない点に留意しましょう。

ゆえに長期投資には向いていない

金利がかかってくるということは、長期投資には向いていないということです。長期投資がしたいなら、現物株やETFを購入するのがセオリーでしょう。信用取引は、キャピタルゲインを目当てに行うのが一般的です。デイトレーダーなどにとっては、信用取引は利用価値が高いです。しかし、長期でまったり投資がしたいという人にはあまり向いていない可能性はあります。長期投資家なら、現物株のみでも十分でしょう。もしくは、投資信託を選択する方がいい場合が多いです。

デイトレードに信用取引はほぼ必須

デイトレーダーと信用取引との関係は非常に深いです。信用取引の場合には、売買手数料がかなり安くなる傾向が強いのがその理由の一つでしょう。現物株のみでデイトレードをしようとすると、どうしても手数料が重くなってしまって利益が出しにくくなります。しかし、信用取引は手数料の減免があるため、デイトレードで利益を出しやすいです。デイトレーダー向けに様々な利点が用意されていますし、何よりレバレッジをかけて大きな勝負に出られる点も大きいです。

株の信用取引の金利とは、株を買うための資金を借りる場合に、代償として負担しなければならない金利のことです。