思い切った投資ほど、堅実に証券会社を選ぼう

株式の信用取引で大儲けのチャンス

株式の売買では、大儲けできるチャンスがあることは、有名ですよね。けれども、大きな儲けを出すには、投資の手腕だけでなく資金が必要です。そうです、資金さえあれば小さなチャンスを、大きな利益につなげることができます。普通の人が投資に回せる資金は、多くありませんから、なかなか思うように利益が得られないことが多いですよね。そこで、株式の信用取引を利用してみたらどうでしょう。証券会社から株を借りることで、手持ちの運用資金の三倍もの取引ができますよ。

信用取引ってどんな仕組み?

株式の信用取引というのは簡単に説明すれば、証券会社から株式を購入する資金を借りることです。信用取引を利用するには、30%の担保を用意します。例えば100万円の株を売買したい場合には、担保として30万円現金や保有している株式を、証券会社に預けます。取引には手数料が必要です。また株のレンタル料金を、金利という形で支払います。しかし手数料や金利は、ほとんど問題にならない小さな金額です。ただし、株を借りたまま長期間放っておくと、金利がかさむので注意が必要です。

リスク管理ができるのなら挑戦の価値あり

株の信用取引は、少ない元手で大きな利益のチャンスがあることがメリットですね。けれども証券会社から株を借りているということは、借金をしているのと同じことです。利益も損失も、投資家の責任ですよ。失敗した時に、どうしても返済できない程の金額を投資しないよう、気を付けてくださいね。リスク管理ができる自信があれば、挑戦してみる価値があります。証券会社を選ぶときには、つい安い手数料や、安い金利の会社に目がいってしまいますよね。気になるその証券会社のホームページを見てみましょう。ちゃんとリスクに関する注意点などの情報を、提供しているでしょうか。思い切った投資をするときこそ、信頼できる証券会社を選びましょう。

株式の信用取引の金利は、各証券会社によって違いますが相場は、2.8%前後で、貸し株の金利は1.15%前後です、これに加え手数料がかかってくるので総合ではかりたいものです