最近気になる資産運用。はじめの一歩は投資信託から

持続可能な投資のあり方

近頃、節約に関する本や、家計簿ソフトが売れたりしていますよね。人々のお金に対する意識が、高くなっていると言えます。お金を大切にするのは良い事ですが、節約したり家計簿をつけるだけでは資産は増えません。そのため投資に興味を持つ人も、増えてきているようです。将来のための投資は、賭け事をするわけではなく、程よいやり方が良いですよね。欲張り過ぎず消極的過ぎずに、要領を得た運用することが理想ですね。このような適度な投資が、持続可能な投資のあり方です。

まず最初は投資信託から

資産運用を上手にすることは、実はそれほど難しいことではないのですよ。たしかに株式や債券で、合理的な投資を行うには、世の中の動きに関心を持ち続けることと、投資に関する情報を求める勤勉さが必要です。けれども誰だって最初は、世間並の感覚と少しの知識で、投資の世界へ踏み出すのです。誰でも手軽に投資を始められる金融商品といえば、投資信託ですよね。投資信託は、株式や債券などの証券投資と比べて、プロが担ってくれる役割が大きいので、手数料が多くかかります。けれども最初から、株式や債券などを売買すると、要領の分からないことが多すぎて、ヒヤヒヤしてしまいますよ。だから最初は、やはり投資信託です。

人気のあるファンドは?

投資信託は、ファンドとも呼びます。どれに投資したら良いのか分からない、という時にはネットで「ファンドランキング」を検索して、参考にすると良いですよ。ただし、ランキングにも様々なものがあります。金融機関が発表しているランキングは、自社の販売網で売れたファンドのランキングの場合が殆どです。当然、自社が関係するファンドが、上位にランクインしています。またファンドは「星の数ほど」といっても過言ではないくらい多くあるので、ランクインしていないからと言って、良くないファンドともいえませんよ。どこの会社のファンドを買いたいのか、大体の目ぼしをつけてから、本格的に探しましょう。

ファンドのランキングというものは、過去の実績に基づいているものですから、将来もそうなるかどうかは不確実です。