色々な道を選ぶことができる高校中退後の進路

高校を中退した場合でも色々な選択肢がある

何らかの理由によって高校を中退する決断をした場合は、色々な選択肢があるのでじっくり検討した上で決める必要があります。すぐに決められない場合は休養期間を設け、精神的にも肉体的にも正常な状態に戻ってからでも全く遅くはありません。ただし、高校を中退してしまうと働く場合に応募できる求人とできない求人が発生します。高校を卒業以上という条件を設けている求人には応募できないので、中退する前に理解しておく必要があります。

応募資格不問の求人で仕事を探す

応募資格を設けている資格は条件を満たしていなければ選考を受けられません。しかし、求人の全てが応募資格を設けているわけではなく、不問にしている場合もあります。そのため、高校を中退してしまった場合は、応募資格不問の求人を中心に検討することによって、採用される可能性を高められます。採用当初は正規雇用ではなかったとしても、真面目に勤務していれば働きぶりを認めてもらうことができれば、高校中退後からでも正規雇用になれます。

高校を卒業したという認定を受ける

高校を卒業後は就職や大学への進学という道を選ぶ者が多いですが、これは高校を中退した者も同じと言えます。まず、高校を卒業していない場合でも応募できる仕事はあります。また、中退してしまったとしても高校を卒業したという認定を受けられます。試験を受けて合格基準を満たす必要はありますが、無事認定を受けることができれば大学受験も可能となります。このように、高校の中退後から大学という道も残されているので、自分の可能性を大きく広げられます。

高校中退した人でも、社会人になれば立派に働くことができるので、学歴だけで判断するのはやめた方が良いです。